学童保育

“船橋発・日本初の学童保育“ アフタースクール『武学塾』、誕生!

船橋 学童

子どもたちのために、ママたちのために!
いよいよ“船橋発、日本初”のアフタースクール『武学塾』が誕生いたします!

私が50歳になったとき、これからは社会に貢献することを仕事のひとつにしていきたいと決意しました。

それから3年、熟慮と準備を重ね、ついに“船橋発、日本初”のアフタースクール『武学塾』をこの7月スタートします。

“文武両道”をテーマに、子どもたちの放課後をより充実させ、算数、国語、英語、そして体操と空手を学びながら、礼儀作法や道徳までも身につけられます

続きを読む

夏休みの学童保育。共働き家庭に悩ましい季節が今年もやってきた!

働く親が増え続けている現在、「学童保育」は子供を安心して預けることができる場所としてありがたいですよね。最近では保育園が足りないことが問題となっていますが、学童保育も特に各自治体が運営している場所は希望者が全員入れないといった問題があるようです。

しかし運よく学童保育に入ることが出来ても、長い休みである「夏休み期間」の学童保育には実は様々なトラブルがあるようです。そんな学童保育と夏休みの関係についてまとめてみました。

続きを読む

学童保育を待ちわびる待機児童、親たちの一日の流れとは?

待機児童 少子化

待機児童問題として「学童保育」を待ちわびる世帯が多いのもご存知でしょうか。

保育園と違いすでに小学生ということからあまり世間では知られていないことが多い、学童の待機児童問題。しかし学童保育に入ることのできない子供たちは日々孤独と戦い、その親たちもまた仕事を続けるべきか苦しんでいます。

ここでは学童に入れない子供を持つ、シングルマザー、共働き夫婦、
パートで働く主婦の生活パターンやそこにある問題についてご紹介します。

続きを読む

学童保育に入れたいのに待機児童が多すぎ!働くママに優しくない社会

学童保育 待機児童

「結婚して子どもは欲しい。」
「しかし仕事は辞めたくない。」

働いている女性は一度はこのように考えたことがあるのではないでしょうか。

仕事をするには子どもを預けなければいけません。しかし、保育園や共働き家庭の小学生を預かる施設などが不足していることによる待機児童問題という現状が、仕事を辞めず子どもを育てるうえで一番の障害になっています。

今回は学童保育と働く女性に対する問題点についてお話していきます。

続きを読む

学童保育にかかる費用はいくら?パートで時短した場合の比較で考えてみた。

学童 費用

子供がいる共働き世帯は小学生の放課後の過ごし方に不安を感じている方も多いです。近くに頼れる身内がいない場合、必然的に学童保育が選択に上がりますが、学童保育の費用はただではありません。

地域や学童保育のカリキュラムによって値段は大きく開きます。もしもパートを時短して子供を学童保育に入れた場合、費用面でどれくらい家計の負担になるかを考えなければなりません。小さなお子さんを1人でお留守番させるのは不安ですが、経済的負担も心理的な重荷になるものです。

ここでは、パートを時短した場合の学童保育の費用について考えていきます。

続きを読む

学童保育でのおやつ。糖分を補給し脳を働かせ、効率的に宿題を終わらせよう!

学童 おやつ

最近は共働きの家庭が多くなっています。小学校へ行っているお子さんをお持ちの方は学童保育を利用されている方が多いのではないでしょうか?

学童保育では子どもを預かるほかに宿題などの課題もおこなっています。宿題を効率よくおこなうためには「おやつ」が重要だと言うことを知っていましたか?たかが「おやつ」、されど「おやつ」。ただ子どもが嬉しいだけではなく、充実した学童保育を過ごすにあたって必要なものなのです。

続きを読む

夏休みの学童保育。共働き家庭に悩ましい季節が今年もやってきた!

学童 夏休み

昔と比べて共働きで子育てをする家庭が当たり前となってきています。

そんな中で共働きの親の悩める問題の一つとして子供の夏休みがあります。子供が夏休みの期間中も面倒を見てもらえる親族がいないと、学童保育に預けることになります。

今回は、そんな夏休みでも子供たちが楽しめる学童保育のあり方などをご紹介します。

続きを読む

急な学級閉鎖!学童選択の際には対応可能なオプションにも注意しよう

学級閉鎖 学童

小学校低学年の子供を持つ人で、共働きをしているという人は、小さな子供を一人で留守番させるのは不安なものです。しかし、そのような不安も学童保育を利用すれば解決することができます。

学童保育は主に小学校低学年の子供が利用できる、学校終了後から両親の仕事が終わるまでの時間、子供の面倒を見てくれる施設です。自治体が運営している施設もありますし、民間の学童保育も存在し、行きたい場所を自分で選ぶことができます。多くは学校の宿題をしたり、おやつを食べたり、友達と遊んだり、というような過ごし方をする場所です。

夜の20時まで面倒を見てくれる学童保育もありますし、食事を出してくれるところもあります。費用はかかってしまいますが、概ね5000~10000円程度です。共働きをする親にとってはかなり便利です。

しかし、学校には学級閉鎖などのような突発的な休みが発生することがあります。便利なポイントなどで学童選択をするのも良いことですが、このような突発的な出来事が起きたときのオプションにも注意しておかなければ、便利に学童保育を利用することはできません。では実際に、学級閉鎖の際に学童保育がどのような対応を取るのか、紹介していきます。

続きを読む

知っておきたい民間の学童の種類、それぞれのメリット、デメリット

待機児童 少子化

現代社会では、多くの家族が共働きで子供を育てる時代となってきています。
そんな中で働きママに取って子供を預ける保育園がとても重要になってきます。

ただ、多様化するワークスタイルに対応した公営の保育園が少ない状況にあります。

そこで今回は、民間の学童保育の種類とメリハリ・デメリットについてご紹介します。

続きを読む

PAGE TOP