保育

子供の脳と体を動かすエネルギー源!「朝ごはん」を食べよう

共働き家庭が増えている現在、子供に毎朝の朝食を作ることは結構な手間が掛かります。特に受験を控えているお子さんは就寝時間が遅いこともあり、一分でも長く眠りたい気持ちもあるでしょう。朝ごはんを食べている時間があるのなら、その分寝ていたいと考える子もいるかもしれません。

しかし朝ごはんは体をスッキリと目覚めさせ、脳と体を動かす大切なエネルギー源になります。授業や仕事に集中して取り組むためにも、朝ごはんをきちんと食べることが大切です。毎朝準備をする親は大変ですが、朝ごはんのメニューは毎日同じものだってかまいません。今日一日を元気に過ごすために、親子でしっかり朝食を食べましょう。

続きを読む

子供の運動神経が悪いのは、本当に遺伝だけで決まるのか?

運動会のリレーの選手に選ばれる子供は、その親も子供の頃足が速いことが多いようです。「うちの子は私が運動神経が悪いから、どうせリレーの選手にはなれない」とあきらめてしまう話も見聞きします。

しかし運動神経って本当に遺伝するのでしょうか?親の運動が悪い場合、子供も必ず運動神経が悪いということになるのでしょうか。それが絶対的事実であれば、もはや運動音痴の親の子供には、運動はさせなくても良いといった極論になってしまいます。今日は子供の運動神経は生まれつき決まっているのか、またどうすれば運動が好きな子供になるのかじっくり考えていきましょう。

続きを読む

良い影響だらけ!保育園のように家庭でも「散歩」をとり入れよう!

保育園や幼稚園では、天気の良い日には必ずと言ってよいほど「散歩」を取り入れています。まだ歩けないような幼児でも、大型のバギーに乗って目的地まで行く姿を見ることがあり、とても可愛らしいですよね。

散歩は歩くことで基礎的な体力をつけるだけでなく、さまざまな植物や背景、虫や動物たちと触れ合うことにより子供たちにとって良い影響を与えてくれます。交通量の多い道路を歩かせることは危険ですが、散歩をすることにより交通ルールを覚え、どういった箇所が事故に合いやすいかなどを学ぶことができます。お子さんがいる家庭ならぜひ家でも積極的に散歩をするようにしましょう。今日は意外と知られていない子供たちの散歩のメリットについてご紹介します。

続きを読む

将来の学力差がある!?保育園と幼稚園の違い

「幼稚園はある程度の教育をしてくれるが、保育園では子供を預かってくれるだけなのでかわいそう」、そんな話を聞くことがあります。この話を単純に考えると「幼稚園の子供の方が学力がつき、保育園の子供は学力がない」ということになります。それは本当なのでしょうか。

しかし共働き世帯が増え、保育園を希望する親が増えている現在、保育園に入る子供は学力がつかないという話はにわかに信じられません。ただ保育園や幼稚園の違いというより、園の教育方針によって多少子供が受ける影響というのは違ってくるようです。今日は保育園と幼稚園では学力に差が出るのか、どんな園を選べば良いのかなどをまとめてみました。

続きを読む

ゆとり教育は本当に失敗だった!?そのメリットとデメリット

「ゆとり教育」と聞くとどのようなイメージがありますか?最近ではゆとり教育を受けた世代が社会人や親となり、何かにつけて「ゆとり世代だからダメだ」といった厳しい意見を聞くこともあります。

しかし詰め込み教育にと言われている現代、子供たちは日々忙しく柔軟な考えを持つことが難しくなっています。今後はさらに学ぶ教科も増え続け、余裕のない子供が増えていることが懸念されています。

ゆとり教育は何かとデメリットが多いイメージもありますが、実際はどうなのでしょうか。大人になったゆとり世代はどうなっているのか、今日はゆとり教育がもたらしたメリットやデメリットについて考えていきましょう。

続きを読む

2020年東京オリンピック、子供に与える夢と可能性とは

2020年7月24日金曜日、いよいよ東京オリンピックが開催されます。
4年に一度の世界的スポーツの祭典、東京で行われるのも50数年ぶりということもあり、今から楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

東京オリンピックでは大きな経済効果の他にも、子供たちへの良い影響も期待されてます。間近で見る一流アスリートの素晴らしいパフォーマンスや努力する姿を見て感動し、メダルを近くに見て目標とする子供たちも出てくるかもしれません。

次はいつ日本で開催されるか分からないオリンピック。ぜひこの東京開催を機に、子供たちに素晴らしい思い出や目標を持たせてあげましょう。

続きを読む

身体だけではなく心も鍛える!スポーツをする事の意味とは

子供にスポーツをさせることは良いこと、それは昔から当然のように言われてきました。スポーツすることでストレス解消になったり、身体を思い切り動かすことにより健康的になり、心身の成長にもつなげることができるからです。

現代では分からないことはすぐにネットで調べることができ、人とのコミュニケーションが希薄化していると言われています。そんな時代だからこそスポーツを介し、チームメイトや指導者と交流を深め意見を交わすことは大事です。スポーツの意味とは心身の成長だけでなく、人とのコミュニケーション能力を高める方法でもあるのです。

続きを読む

保育園入園をサポートするプロ「保活コンシェルジュ」とは?

都市部を中心に、相変わらず保育園の数は不足し待機児童問題が続いています。女性の社会進出が進んでいる現代ですが、継続して仕事をしたくても子供を預かってくれる保育所が足りないため育休を伸ばしたり会社を辞めてしまったりする女性が後を絶ちません。これは企業にとってもダメージが大きく、保育園に入れないからという理由で離職してしまう女性たちを何とかサポートしたいと考えています。

そんな時に活躍するのが「保活コンシェルジュ」です。このサービスを企業が導入することにより、女性社員の復職を大きくサポートできることも多いようです。今日はそんな気になる保活コンシェルジュについて詳しくご紹介します。

続きを読む

本を読まない子供が増えている!まずは親子読書を楽しもう

子供に本を読ませたい!日頃からそう考えている親御さんも多いのではないでしょうか。字をすらすらと読めない乳幼児期は親の読み聞かせがとても大切です。そして自分でしっかりと字が読めるようになるころには子供一人で本を読んでほしいものです。

しかし子供によって「本好き」と「本嫌い」に分かれてしまうの事実です。一体この両者の違いはどこから生まれてくるのでしょうか。また本を全く読まない子供は成長にどう影響するのでしょう。今日は親子読書の大切さと、本と子供の成長についてまとめてみました。

続きを読む

まだまだ続く「保育園落選」の現実、そのとき親はどうすれば良い?

2017年2月現在、認可保育園の選考結果通知を見て落選し、嘆いている親は都市部を中心にまだたくさんいます。その数は保護者が育児休業中など「隠れ」のケースを含めると約9万人いるとされ、これはつまり9万人の人が仕事に復帰できず社会で活躍できないことを意味しています。この数は日本の社会にとっても大きな損失になっています。

料金も安く、保育の質も良いとされる認可保育園に落選してしまった場合、親は一体どうすれば良いのでしょうか?選考結果通知が届くのは2月が多く、4月から働くことを考えているのならばすぐに行動に移さなくてはなりません。今日は保育園に落ちてしまった後の具体的な対策を考えていきます。
また認可保育園を利用しなくても親が働くことはできるのか、その方法も模索していきましょう。

続きを読む

PAGE TOP