学童保育に入れたいのに待機児童が多すぎ!働くママに優しくない社会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
学童保育 待機児童

「結婚して子どもは欲しい。」
「しかし仕事は辞めたくない。」

働いている女性は一度はこのように考えたことがあるのではないでしょうか。

仕事をするには子どもを預けなければいけません。しかし、保育園や共働き家庭の小学生を預かる施設などが不足していることによる待機児童問題という現状が、仕事を辞めず子どもを育てるうえで一番の障害になっています。

今回は学童保育と働く女性に対する問題点についてお話していきます。

 

1.学童保育とは

学童保育とは、一般的に共働きなどで日中保護者のいない小学生児童を放課後の学びや遊びの場として、児童の安全や健康、育成などをする保育事業の一つとなります。学童保育には公営学童保育、私営学童保育があり、それぞれに特徴があります。

1-1.公営学童保育

公営学童保育は、自治体が運営・設立した学童保育園を指します。主に10歳未満の児童を放課後から18時前後(自治体や施設によって様々)まで預かってもらうことができます。休みの日などは、朝7時から18時前後までの時間帯を預かってくれます。

学童保育内では、児童が自由に遊んだり宿題をしたりできるようになっており、おやつや施設代を含めて月額7,000〜9,000円前後となります。自治体によって補助、支援を受けることができます。

地域で大人数の児童が集まるので、友達をつくりやすい環境である一方、指導員不足などにより、怪我の発生やコミュニケーションでの問題が多いと言われています。

1-2.私営学童保育

私営学童保育は、民間が運営・設立した学童保育園を指します。公営学童保育と比べて早朝や夜遅くまでの延長保育や夕食、その他サービスなどが充実しています。朝から夜まで働く親御さんにとっては預けやすい環境になります。

一般的には放課後から20時前後まで預けることができます。また、長時間の預かりや夏休みの長期休暇などの対応をしている施設もあります。月額は20,000〜80,000円前後となっています。公営学童保育よりも値段が高いというデメリットはありますが、その分、質の高いサービスが受けること可能です。ただし、絶対ではありません。サービス内容の確認については事前に見学などが必要になります。

1-3.無認可学童保育と認可学童保育

学童保育には、無認可保育と認可保育というものがあります。これらは子どもを預ける大きな基準になります。

認可学童保育とは、簡単に言うと国や県、市区町村の各自治体が保育として認める水準を満たした上で、届け出をして認められた学童保育を指します。認可された学童保育は、国や各自治体からの補助金で、利用料金が安く、設備や待遇が良い、また最低限以上の安全が保証されます。そのため、安心して子どもを預けることができます。

逆に無認可学童保育は、国や自治体から認められていない学童保育園全般を指します。認可学童保育とは違い、利用料金が高い傾向があり、学童保育園によって設備や預けられる時間、周辺環境の良し悪しにばらつきがあります。

無認可よりは認可の学童保育園に子どもを預けたい!と思う方が多いでしょう。しかし、学童保育の認可をとるのは簡単ではありません。その結果、認可学童保育より無認可学童保育が多くなっているのが現状です。

 

2.学童保育で待機児童が出てしまう原因、現状とは

国や各自治体が保育園の増設、保育師の増員などの取り組みを行っている中で、待機児童が減るどころか増加傾向にあります。

その大きな原因として、学童保育園が増設できないことと保育師不足が挙げられます。

2-1.学童保育が増設できない!?

待機児童が出てしまう大きな問題として学童保育不足が挙げられます。増やせば問題ないのでは、と思ってしまいますが簡単に増設できない状況にあります。なぜ学童保育が増設できないかというと、地域住民への理解、予算などが挙げられます。

学童保育の開設には膨大なコストがかかります。その後も、運営していくには人件費などの維持費がかかります。そんな中で、国や自治体から補助を受けるためには認可保育として認められる必要があります。この認可保育の基準が厳しすぎるために、限られた学童保育しか補助が受けられません。そのため、満足のいくサービス提供や学童保育の維持が難しいのです。

予算の問題だけでなく、学童保育開設には、地域住民の理解を得る必要もあります。

住宅地のど真ん中の学童保育では、子供たちの声が周辺の騒音になると問題になることや、道路など周りの安全性といった面などで地域住民から開設に反対されるケースが少なくないです。

2-2.保育園を増設しても保育師が足りない!?

もう一つの大きな問題として、保育師不足によって待機児童の問題に繋がっています。

この保育師不足の原因として、長時間の拘束、休憩時間がない、休みが少ないといった過酷な労働環境に見合わない待遇、給与水準にあります。多くの保育師が仕事を続けたくても、将来的に自分一人で自立して生活もできない仕事では、続けることが難しくなります。また、保育師になるためには専門学校に通い、国家資格の勉強をするために時間や費用がかかってしまうといった点でも勉強を前に諦めるケースもあります。

国家資格であるはずの保育師と言う仕事がきちんと認識、理解している人が少ない、社会的地位が低いことも原因の一つと言われています。

ただキツイだけでなく、些細なトラブルでの保護者からのクレームなどで精神的にもキツく、笑顔と子供が好きなでも続けられない要因が多くあります。

 

3.ママサイドから見た現状は??

子供を預ける側であるママの現状としては、昔と比べてみると、周辺環境などが変化してさらに厳しくなっています。

3-1.共働きが当たり前の社会

現代社会では当たり前になってきている共働きであることが一つの要因となっています。

一昔前では、専業主婦で夫が外で稼いでくるのが当たり前でした。しかし、現状として、賃金格差や社会保障や税金、食品や日用品の買い物まで生活に必要なあらゆる物のコストが上昇など様々な原因で共働きでないと家計が支えられない社会となってきています。

その状態で、子供を預ける場所がないために、仕事をしたくてもできない保護者、女性の方が増えています。そのため、やむをえず家で子供の面倒を見ながら、少ない所得でギリギリの生活をする負のスパイラルに陥ってしまいます。

また、仕事内容によっては、夜7時、8時まで働くとなると、その時間帯まで預けられる学童保育が限られていたり、通常よりも高い利用料金となるなど選択肢の幅が狭いのも原因の一つとなっています。

3-2.子どもの数に見合わない学童保育施設の数

待機児童の問題は、都心部に集中しており、それも問題となっています。

待機児童の問題を抱えている自治体は、東京や神奈川、大阪、名古屋などの都心部に集中しています。その理由は、地方では仕事が少なく、都心部に出て仕事を持つ方が多いためです。また、近年、一箇所に集中して住宅建設をする傾向があり、若年層ファミリーが引っ越しくることでさらに一つの地域に子供が増えて、その子供の数に間に合った学童保育施設が足りていないのが現状です。

3-3.認可保育園への入園が難しい

限られた数の認可保育園は、倍率も高く、基準が厳しいために入園が厳しい状態にあります。

多くの保護者の方は負担が少なくて、安心できる認可保育への入園を希望します。そのため、倍率が一気に上がり、各自治体の基準も厳しいために希望の保育園への入園ができず、ずっと待たされます。仮に通っても自宅から遠い保育園へ飛ばされて、送り迎えだけでも大変になります。また、入園した学童保育でのトラブルも少なくなく、やめてからまた探すことになるなど様々な問題があります。

3-4.核家族によって面倒を見てもらえる人が少ない

家族形態の変化や周辺環境の変化が原因の一つとなっています。

昔に比べて、核家族が進んで、2世帯以上で暮らすことが少なくなっています。また、地域でのコミュニケーションが少なくなり、面倒を見てもらえる人がいないこともあります。特に、シングルマザーの保護者にとっては、頼れる人が周りにいないと全て自分で抱えてこんでしまうので、大きな負担となってしまいます。

 

4.まとめ

今でも、待機児童の数が増加し続け中で同じ問題を抱えてママにとっては、厳しい現状です。ただ、現状を変えるための解決への糸口は、ママ自身で掴みとることが大切です。

自治体や様々なライフスタイルに合った学童保育、ベビーシッターなどまだ知らない情報があるかもしれないです。忙しい中でもいち早く情報を得たり、頼れそうな友人などに声を掛けるなどできることからやっていくことが大切になります。

武学塾では新年度の生徒を募集中です

お子様には成長のための時間を、
お母様にはご自分のための時間を。

家族が二度幸せになれるアフタースクール、武学塾。

平日の毎日、学校下校から夜まで学童保育でお預かりの時間中に国語・算数・体操・カラテ・英語を教える教室です。
それぞれ一流の講師がついてお子様の教育をいたします。
いままで保護者様が習い事の送迎に費やしていた時間をもっと有意義にお使いください。


今すぐ無料体験/説明会に申し込む

コメントを残す

*

PAGE TOP