IQが高い=頭が良い? 知能指数だけでは人間の能力ははかれない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「IQが高い」そう聞くと「頭が良い」と考える人も多いのではないでしょうか。

クイズ番組などで聞くことのあるIQですが、そもそもIQの意味って何でしょうか。また実際にIQの数値を図ったことのある人はは少ないようにも見えます。まだまだ受験戦争が続いていると言われる日本ですが、子供のIQを上げることにより、勉強や受験に有利になるようなこともあるのでしょうか。今日はいまいちよくわからないIQの意味について考えてみましょう。

1.そもそもIQって何だ

IQとは知能検査の結果を表す数値であり、正式にはIntelligence Quotientという頭文字を取った言葉です。発祥はさまざまな意見がありますが、ドイツのシュテルンという心理学者が多くの学者の功績をもとに、1910年代に作り上げたテストとして言われています。

当時は子供たちの精神遅滞見極めが難しく、精神年齢を判断するために行われたのがきっかけでした。単純に言うと10歳の子供の精神年齢が5歳なら、その子のIQは50ということになります。ただこの判断は未だ賛否が分かれ、IQに対して否定的な意見もたくさんあります。

1-1.IQが高い=頭が良い?

IQの平均値はおよそ100です。テストを受けた多くの人の平均値は85~115であり、IQが135以上ある人は全体のおよそ2%しかいないとされています。ちなみに東大生のIQ平均値は120とされており、これだけを見るとやっぱりIQの数値が高い人は頭が良いと言えそうです。

しかしIQが高いからといって東大に必ず入れるといったことはありませんし、逆にIQ指数が低くても東大に合格している人はいます。人間の脳は数値で表せるような単純なものではなく、IQでは図ることのできないさまざまな機能が備わっています。

1-2.IQの測定方法とは?

IQの計測方法は、昔は「精神年齢 ÷ 生活年齢 × 100」とされていました。

しかし近年では

「(個人の得点 − 同じ年齢集団の平均) ÷([15分の1または16分の1] × 同じ年齢集団の標準偏差) + 100」とされています。正直、意味がよく分かりません。

IQは現在学校で受けられるといったことはありません。たとえば子供の発達に心配がある親御さんが、児童相談所や都道府県の教育関係の研究機関(特殊教育センターなど)などに相談すると、お子さんの知能を調べる目的で受けられることはあります。

また大人の場合も自信の発達障害などを疑った場合、精神科や相談機関などで相談をすれば、IQテストを受けられることがあるようです。つまり単純に自分のIQ指数が知りたい場合は、自分自信でネットで調べたり、IQテストに関する書物を購入したりする必要があります。ただIQテストにはさまざまな種類があって解釈も複雑であり、単純に自分のIQ指数はどのくらいか判断するのは難しいでしょう

2.IQの数値だけで人間の能力は図れない

IQはよく聞く言葉ですが、日常生活でIQを図ることは難しく、正式な数値を求める場合は専門医療機関へ出向くなどややハードルも高いようです。しかもIQが高いことは、日常生活において卓越してすばらしいことなのかは疑問です。メリットは自分のIQの数値を他人に言って自慢できることくらいでしょうか。

2-1.IQの数値が示す意味とは?

結局のところ、IQが高い意味って何でしょうか。

多くの専門家が議論したところ、IQの高い人の特徴は次のようなことが多いようです。

  • 記憶力が高い
  • 瞬時にして物事の判断ができる
  • 会話の理解力が高い

こうした特徴は勉強でも表れ、例えば一回の授業でノートを取らなくても内容を覚えられるといったことがあります。東大生でIQが高い人が多いのも納得です。要は頭の回転が速いのですね。しかし逆にデメリットと取られる特徴もあります。

  • 興味がないものは一切触れない
  • 感情に判断されず、いつも冷静

IQが高い人は自分の興味のあることをとことん追求し、その結果研究者や博士になる人も多いようです。しかし興味のないことは「時間の無駄」と考え、仮にそれが集団で行うものだと協調性がないといった声もあります。また何かトラブルが起きたときはとことん原因を突き詰め解決に導きますが、人の感情に対しては理解ができず、薄情とみられることもあるようです。

もちろんIQの高い人すべてに当てはまることではありませんが、IQ指数が高いからといって完璧な人という判断はできないのです。

2-2.IQの高い著名人

ちなみにIQの高いとされる著名人を少し上げてみましょう。まずはああなるほど…という有名人物ばかりです。

  • スティーヴン・ホーキング(物理学者)IQ160
  • アインシュタイン IQ160~190
  • クリントン前大統領 IQ182
  • ビートたけし IQ132

ただIQが高くても、これは困ったという人もいます。

  • テッド・バンディ(連続殺人鬼)IQ180
  • アドルフ・ヒトラー IQ150
  • アル・カポネ(マフィアのボス)IQ200

せっかく知能指数が高くても、それを犯罪に使ってしまっては意味がありません。IQに自信のある人は、その能力を仕事や社会貢献という形で使ってほしいものです。

2-3.アジア人はIQが高い!?

世界的なIQ指数を見ると、実は欧米よりもアジアの方が高いと言われています。では世界別IQランキングを見てみましょう。

  1. シンガポール
  2. 韓国
  3. 日本
  4. イタリア
  5. アイスランド、モンゴル
  6. スイス
  7. オーストリア、中国 など

IQはそもそも欧米で提案、開発されたテストです。そのため内容も欧米の学校で学ぶようなものになっています。それなのに日本をはじめとするアジアのほうがIQ指数が高い理由は何でしょうか。

それは諸説あるのですが、アジアの方が受験戦争が過熱しており、一日の勉強時間が欧米よりも長いことがあります。そして漢字を含めた文字体系が複雑であり、言語力ではアジアの方が勝っていることがあります。また日本人においては食事時に箸を使うことが脳の活性化を図り、魚を常日頃食べているためDHA摂取の量が豊富で頭が良いからとも言われています。日本の伝統的文化が知らないうちにIQ指数を上げていたとなればちょっと驚きです。

3.IQで人間の価値は決まらない

IQが高いと聞くと、さぞ頭が良くて素晴らしいといったイメージもあります。確かに一般の人よりも頭の回転は速く、記憶力や理解力に富んでいるといったことはあるでしょう。しかしそれが人間性に直結しているかは疑問です。最後に簡単なIQテストも含め、IQの意味をもう一度考えてみましょう。

3-1.あなたもやってみよう!IQテスト

ここまでIQの意味や価値についていろいろと考えてきましたが、IQテストの具体的な内容も気になるところです。問題の多くは図表を見て答えることが多いのですが、中には数字が並べられていて、それをもとに考える問題もあります。では簡単なIQテストをどうぞ。

第一問 2+3=10  5+4=45  7+3=70  8+4=96 ではこの法則に乗り、9+4=いくつでしょう?

第二問 A君とB君が自分の馬でレースをします。しかし勝つのは「後からゴールをした馬の勝ち」というルールです。そのため二人ともスタートができず困っています。どうすれば良いでしょうか?

これはあくまでIQテストの一例であり、正式なIQテストの問題とは若干違います。しかしIQを図るにはこのような問題が出されることもあり、まるで子供が楽しむクイズのようです。では答えを見てみましょう。

第一問回答

まずは普通に計算します。「2+3=5」です。そして、その計算した数字に最初の数字をかけると「2+3=5 → 5×2=10」といった答えが導き出されます。この方法で計算していくと、答えが出ます。

問題の「9+4」は、「9+4=13 → 13×9=117」という答えになります

第二問回答

自分の馬を後からゴールさせればよいのですから、回答は「馬を交換する」です。相手の馬に乗って先にゴールすれば、自分の馬が後からゴールなので勝つことができます。

まとめ

最後の問題はいかがでしたか?

IQ指数を調べるという事は、このようなクイズに挑戦し、頭の回転率を上げることだと言えます。このような問題を早く解ける人はスゴイですが、それが日常生活に特別に有利なのかどうかは疑問です。

またIQ指数が高い著名人は世界的にも活躍していますが、実は芸術家やスポーツプレイヤーの中にはIQ指数が低い人もいます。そうした人達をIQが低いからといってバカにすることはできないでしょう。

IQテストはその問題をどれだけ解けるか、といった試験です。結局のところ人の本当の価値を見出すには、芸術やその人の人間性、哲学的な考えを含め、文化を生み出す力こそが真の人間の知性と言えるでしょう。

武学塾では新年度の生徒を募集中です

お子様には成長のための時間を、
お母様にはご自分のための時間を。

家族が二度幸せになれるアフタースクール、武学塾。

平日の毎日、学校下校から夜まで学童保育でお預かりの時間中に国語・算数・体操・カラテ・英語を教える教室です。
それぞれ一流の講師がついてお子様の教育をいたします。
いままで保護者様が習い事の送迎に費やしていた時間をもっと有意義にお使いください。


今すぐ無料体験/説明会に申し込む

PAGE TOP