夏休みの学童保育。共働き家庭に悩ましい季節が今年もやってきた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
学童 夏休み

昔と比べて共働きで子育てをする家庭が当たり前となってきています。

そんな中で共働きの親の悩める問題の一つとして子供の夏休みがあります。子供が夏休みの期間中も面倒を見てもらえる親族がいないと、学童保育に預けることになります。

今回は、そんな夏休みでも子供たちが楽しめる学童保育のあり方などをご紹介します。

 

1.夏休み中に学童保育に預けることへの親、家庭の悩みとは?

共働きの家庭は朝〜夜まで家を空けていることが多く、子供の安全性や毎日の生活を考えると学童保育に預けざるをえないです。そんな中で子供に対する不安や悩みを多く抱えています。

夏休みは約40日間の子供たちにとっては嬉しい休みですが、親にとっては、学校がないことで子供の安全の確保や退屈しないかなどの不安、悩みが尽きないです。

そこで特に多い悩みについてお話しします。

1-1.折角の子供夏休みに一緒にいれない罪悪感

共働きの家庭の一番の悩みは、子供が楽しみしている夏休みに一緒にいれない、退屈させてしまうことに対する罪悪感があります。

子供にとって夏休みは、友達と虫捕りや外で遊ぶ、バーベキューやキャンプ、プールなどやりたいこと、楽しいことがいっぱいあります。しかし、共働きの家庭では、他の家庭よりも仕事で忙しく、子供との時間や思い出作りが難しくなります。そのことに対して、他の家庭と比較してしまい、子供が退屈していなかなど罪悪感を持ってしまう両親が多いです。

1-2.学童保育に預けてしまっていいのか?

夏休み中に子供を一人にして万が一事故、けがなどがあると不安になるため、学童保育に預けることになります。そこで毎日学童保育に通うだけの夏休みで子供の暇つぶし、退屈しなかなど預けることに対する不安や悩みがあります。

共働きの家庭では、どうしても夏休みという長期間の面倒を見てもらえる学童保育に預けることになります。ただ、学童保育に預けて、子供たちにとって楽しみな夏休みの大半を学童に通って、同じ空間で遊んだり、勉強したりするだけで子供にとって良いのか、退屈しないかなどの不安が出てきます。

特に、周りにプールやバーベキュー、旅行などに夏休みを楽しむなどの友達の話を聞いているほど、自分と相手の違いに疑問や親に対す悲しみ、期待を持たなくなるのではないかなど親にとって、悩みが尽きないです。

1-3.夏休み中に宿題など勉強などができるのか?

子供の夏休み中に学童保育に預けることできちんと夏休みの宿題をやるのか、勉強ができるのかといった不安を感じるケースもあります。

共働きの親にとって夏休みの大きな悩みの一つとして子供の勉強があります。夏休み中は夏休みの課題で自由研究や習字、読書感想文、各教科など沢山あります。その大量の課題を学童保育に預けることできちんとできるのか、課題だけでなく先の学期や学年に備えた勉強ができるのかなどの悩みがあります。

特に、小学、中学の受験を検討している家庭ほど、塾だけ通わせるか、塾と学童両方通わせるべきか悩まれるケースもあるようです。

 

2.不安や悩みを解消するために学童保育のポイント

夏休み期間中の子供を預けることに対する不安や悩みを解消するには、預ける学童保育の扱うサービスなどを見極めることがポイントです。

夏休み期間の共働きの家庭の悩みである子供の思い出作りや勉強などの不安要素を取り除く学童保育を選択することが大切になります。

そこで知っておきたい学童サービスについていくつかご紹介します。

2-1.勉強や習い事が一緒にできる学童保育

学童保育のサービスには、幼児英語、英会話や算数、国語などの学習や体操、水泳などのスポーツなどの習い事や勉強ができるサービスや環境が整った施設があります。

勉強や習い事が一緒にできる学習保育は、これからの子供たちの必要とされている英会話やそれぞれの専門の勉強やスポーツに特化した英才教育を受けることができます。その上、20時までの遅い時間までの預かりや送迎などのサービスもついているので、塾や公文などの習い事と一緒にまとめて利用できるメリットがあります。また、沢山の子供たちと一緒に勉強したり、キャンプやプールなど野外学習などもあるので、子供にとって退屈しない夏休みで親にとって不安なく学童保育に預けられます。

その一方で英会話やその他の学習、習い事などのサービスが充実や夏休み限定サービスなどで高い利用料金となってしまいます。

2-2.働く企業が提供する学童保育サービス

最近、様々な企業がオフィスの一角に従業員向けに託児サービスとして運営しているタイプが増加しています。共働きの家庭にとっては、働く会社の近くで預けられる安心感があります。

共働きの家庭の増加によって、大手企業を中心に増加している託児サービスのあるタイプがあります。

企業のオフィスやその近辺の学童保育に優先的に預けることができ、企業からの手当てとして、低価格の利用料金で預けることが可能です。サービス内容は、託児だけでなくおやつや宿題などの学習サポートもあります。夏休み期間中の子供の安全、体調管理ができる上に、外出で他の学童内の友達と一緒にプールやショッピングセンターに行って遊んだりできる機会もあるので、子供にとっても良い影響があるでしょう。

ただ、都心部に多いサービス形態で、屋外でのキャンプやバーベキューなどの思い出を作る機会が少ないです。

 

3.・不安や悩みをプラスに捉えるポイントは?

共働きの家庭にとっては、充実したサービスや他の友達の沢山いる学童保育に預けられても、不安や悩みが解消できない場合もあります。

いくら充実したサービスや環境の整った学童保育に預けても、子供に対する不安や罪悪感を中々解消できないです。そこで不安や悩みプラスに捉える、変えるポイントをいくつかお話しします。

3-1.離れることが子供の成長となる

長時間一緒にいてあげられない悩みを持つ家庭が多いですが、逆に親と離れることで子供の成長となることが沢山あるはずです。

子供と一緒にいてあげられない、夏休みの思い出を作ってあげられないなどの不安、悩みを持つ家庭も多いと思います。しかし、逆に親の目から離れることで子供にプラスとなることが沢山あります。例えば、学童保育の中で夏休みの長期間を大人や年上、年下などの数多くの人とココミュニケーションを数少ない時間になります。その時間は、他の子供たちにはできない経験となり、子供の感性などに成長に繋がるでしょう。

また、その中で勉強をしたり、バーベキューなど協力して何かに取り組みことを早いうちに経験できるので、離れることで成長した子供の姿を見ることができます。

3-2.子供との貴重な時間を大切にできる

周りの家庭と比べて、子供と一緒に居てあげられる時間が少ない分、貴重な子供との時間を大切にしてあげることができます

共働きの家庭では、夏休みでも沢山の時間や思い出を一緒に過ごすことができないです。しかし、その分、子供いることが当たり前ではなく、貴重な時間として、純粋に子供と向き合って、楽しめます。

子供と一緒に過ごせる時は、子供のやりたいこと、行きたいところに連れていってあげたり、全力で応えてあげましょう。

3-3.親と子供にとって成長できる期間

夏休み中は子供対する不安や悩みが持つ家庭が多いです。しかし、子供と親がそれぞれ成長できる貴重な時間です。

夏休み期間中は、子供と親の両方の成長や気づきのきっかけとなります。

子供にとっては、普段から親にやってもらえたことを自分でやるようになったり、年下や年上など多くの人とコミュニケーションを取ることで考え方や行動に変化が出ると思います。まとめてしまうと親離れの大切な一歩となります。

親にとっては、子供が心配で少しでも危険と感じることをやらせなかったり、過保護になってしまう部分や思い込みで子供も気持ちを決めつけしまうことが少なからずあると思います。しかしそういった親の不安や悩みをよそに子供は、自分で考えて、行動して、成長してきます。

簡単にいってしまうと親が子供離れするため貴重な時間となるはずです。

 

4.まとめ

共働きの家庭が抱える夏休みに学童保育などに子供を預けることに対する不安やその解消ポイントなどについてお話ししました。

親にとっては、子供が楽しみにしている夏休みを台無しにしてしまう、勉強などができるかなど悩みが尽きないです。しかし、親が考え方いる以上に子供は、親の手が離れた場所で自分なり考えて、行動して、成長していきます。

ですから、不安や悩みばかりマイナスに捉えるのではなく、親と子供のお互いの成長や気づきの機会としてプラスに考えることが大切です。

武学塾では新年度の生徒を募集中です

お子様には成長のための時間を、
お母様にはご自分のための時間を。

家族が二度幸せになれるアフタースクール、武学塾。

平日の毎日、学校下校から夜まで学童保育でお預かりの時間中に国語・算数・体操・カラテ・英語を教える教室です。
それぞれ一流の講師がついてお子様の教育をいたします。
いままで保護者様が習い事の送迎に費やしていた時間をもっと有意義にお使いください。


今すぐ無料体験/説明会に申し込む

コメントを残す

*

PAGE TOP