夏休みの学童保育。共働き家庭に悩ましい季節が今年もやってきた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

働く親が増え続けている現在、「学童保育」は子供を安心して預けることができる場所としてありがたいですよね。最近では保育園が足りないことが問題となっていますが、学童保育も特に各自治体が運営している場所は希望者が全員入れないといった問題があるようです。

しかし運よく学童保育に入ることが出来ても、長い休みである「夏休み期間」の学童保育には実は様々なトラブルがあるようです。そんな学童保育と夏休みの関係についてまとめてみました。

そもそも学童保育とは

shutterstock_345712292

1970年代に始まった子供預かり施設

学童保育とは簡単に言うと、親が共働きなどで働いていて放課後家で一人で過ごさなくてはいけない子供を預かる施設のことを言います。一般的には各市町村の自治体が運営しており、「学童保育」という名称とともに「学童クラブ」とも呼ばれています。

戦後の高度経済成長を迎える中、多くの家庭では父親が働きに出かけ、母親は家庭を守るといったことが一般的でした。しかし中にはシングルマザーや家庭の事情で保護者が働きに出てしまい、学校から帰って来た子供が一人ぼっちで夜中まで過ごす家庭も少なくなかったのです。

そうした状況を見かねて、1950年代に民間人の手で始められたのが子供の預かり施設でした。それがきっかけとなり、1970年代からは国が助成する学童保育が本格的に始まりました。

ちなみに近年までは小学三年生までの「低学年」を対象としていましたが、2015年から制度が変わり、現在では小学校6年生まで預けられるようになりました。現在学童保育に通う児童数は約102万人と言われています。

どんな子供が通っているのか

学童は基本的に保護者が働いている子供が入る場所です。各市町村によって入りやすい学童と、なかなか入るのが難しい学童に別れており、やはり都心を中心とする人口密集地では学童に入るにも厳しい審査があります。例えば正社員として両親が共働きで働く家庭と、子供が帰宅するギリギリまでのパート短時間勤務をしている家庭では、前者の方が優先的に学童に入れてもらえるようです。また保育園同様、片親や、病気などにより子供の放課後の養育が難しい家庭でも優先的に入ることができます。

そして現在では6年生までが学童に入れるようになったとありますが、現状では希望児童全てを受け入れられる学童保育は少なく、4年生以上の高学年は入りにくくなっているのが現状です。

夏休みと学童保育の関係

shutterstock_408403537

学童保育の一日の流れ

学童保育では、学校から帰ってきた子供たちをそのまま預かり、放課後を有意義に過ごせるよう様々なプログラムが組まれています。民間の学童保育だと習い事や英会話を習得できるような内容もありますが、ここでは市町村が運営している学童保育を中心に見てみましょう。

まず普段の学童の様子は、ランドセルを背負ったままの子供たちが学童にやってきます。その後手洗いを済ませ、各自好きに遊ぶ時間となります。学校に併設された学童では校庭や体育館で遊べるところも多く、室内遊びや外遊びが十分できるよう配慮されています。

学童の場所によりまちまちですが「おやつ」の時間もあり、それが終わると基本的にまた自由時間です。しかし学童では各グループに分かれ当番を分担しているケースが多く、掃除当番のグループは清掃を行ったり、庭当番グループは花の水やりや雑草を抜くなどの簡単な仕事を任せられるケースも多いようです。

また宿題をすることもできますが、基本的に自主性に任せることも多く、やらないで帰る子供もいます。宿題を質問されたら職員がつきそってくれますが、勉強を教えるといったことはしないので、学童に入ったからと言って学力が伸びることはないようです。

夏休みの学童、家でゲームをするより遥かに充実している!?

では、そんな学童保育と長期間にわたる夏休みの内容を見てみましょう。

学童保育の多くが、夏休み期間中は学校が始まる朝8時から子供を預かってくれます。親の勤務時間により時間をずらして預かってくれることも可能であり、帰りは通常の学童と同様18時頃まで見てもらえます。

通常の学童と同じように、基本的に子供たちは「遊んで過ごす」ことが多いです。ただ夏休み期間は非常に時間が長いので、学校との連携も必要になります。多くの学校が夏休みに行っている「プール」、学童の子供たちもその時間になればプールに行くよう促され、午前中にプールへいったら再び学童に戻り、お昼ご飯を食べ、午後はまた遊ぶことになります。しかしずっと遊んでいるのも飽きてしまうので、夏休み期間中はグループに分かれ様々なプログラムを組む事も多いようです。例えば夏休みに行う学童でのお化け屋敷、キャンプ、一日遠足など。そうした行事の計画や下準備を友達同士で協力して進めます。そうした時間の過ごし方を考えると、夏休み中家でダラダラゲームをして過ごす子供より、ずっと充実した時間を過ごすことができるかもしれません。

しかし夏休みに学童に通う子供の本当の心理は…!?

しかし実際のところ、夏休みに学童に通う子供の多くが「家にいたい」と感じてしまうのも事実です。

特に一年生であれば、保育園から小学校に入り、そのまま学童に通う子供は「長期休み」をあまり理解していない子供も多いと言います。つまり学校はお休みだけれども、自分は常に学童には通うのが当たり前だと考えているのです。

しかし、学校のプールなどで学童に通っていない子供たちを見ると、夏休みに学童に行くのを嫌がる子供も増えると言います。プールが終わったら自分は学童に行くが、家にいる子はおうちでお母さんが待っててくれる、温かい手料理を食べ、そのあとはゲームができる。そう聞かされると自分はなぜ学童に通っているのか理不尽だと考えてしまう子供も多いのです。

学校の放課後に学童を渋るのならまだ一日くらいは休ませられますが、夏休みに学童へ行きたくないと言われてしまうと働く親としては困ってしまいます。そのため子供の心を理解しつつ、夏休みに学童へしっかり通ってもらってほしい複雑な心境の親が多いようです。

学童保育の夏休み問題

shutterstock_300014822

お弁当がとにかく大変!

夏休みの学童は、朝から夕方まで預かってもらうのですから当然お昼が必要になります。しかしこのお昼、自治体の学童では用意されているところはまだまだ少なく、実際のところは「お弁当」を持参しなくてはなりません。

親としては出勤準備などでただでさえ忙しい朝の時間に、子供のお弁当を用意しなくてはならないのは大変です。しかも「夏場」ですから、痛まないようにしっかりと配慮したお弁当が必要になります。

そのため毎日手作り弁当ではなく、前日にコンビニなどでパンを買って持たせる親もいるようです。学童としては手作りのお弁当を持ってきてほしいという希望があるようですが、親の忙しさを考えるとコンビニ弁当やパンでも断れないのが実情のようです。しかし大変なお弁当作りですが、子供にある程度お弁当を作れるように教え、子供が自分のお弁当は自分で作れるようになったという嬉しい話もあります。

習い事に通わせることができない

これは夏休みの学童問題というより、そもそも学童に通っている子供が習い事に通いにくいという問題があります。

学童に通っている子供は基本夕方の6時頃まで学童にいます。その後帰宅してから習い事に行くのはとても疲れてしまうし、夕飯も大変遅い時間に食べることになります。

例えば「火曜日は習い事なので5時に帰らせてください」と言っても、安全上の観点から親が迎えに来ない限り一人で帰らせることはしません。そのため学童に通う児童の習い事は、親が仕事を早く終わらせて迎えに行くか、学校のない土日に集中して習わせることになります。いまや多くの子供が通っている習い事、学童に通うためになかなか習い事ができないといった声もあるようです。

民間の学童保育なら快適!?

お弁当や習い事ができないといった問題のある学童保育。では習い事施設と併用されているといった「民間」の学童保育はどうでしょうか。

実際午前中だけパートで働いている人が、夏休みの期間だけ学童保育を希望する事例は数多くあります。しかし人数制限のある学童保育では夏休みの期間中だけ学童に通うのは難しいようです。

そのため民間の学童保育に夏休みの期間だけ通わせる家庭もたくさんあります。民間の学童保育の良い所は施設によってちがいますが、「バスで送迎」「習い事施設が併設されている」「勉強を教えてくれる」「英会話を習得できる」といった自治体にはないメリットがたくさんあります。しかもお昼を提供してくれるところが多いので、親は子供を学校に送り出すような感覚で安心して任せることができるのです。

しかし民間の学童保育のデメリットは何といっても高額な値段です。夏休みの平日期間を全て民間学童に委託すると、8万円近く掛かったなんていう話もあります。これでは特にパートで働いている人はお給料を全て学童保育に取られてしまうなんてことにもなりかねません。

まとめ

働く親にとって夏休みの学童保育は欠かせないものです。お弁当を作ったり、家にいたいと渋る子供を学童に行かせたりと、何かと夏休みの学童は苦労もするでしょう。しかし子供のためを思って仕事をしていることを考えれば、多少の苦労は仕方ないのかもしれません。

夏休みの全ての日を学童に預けなくてはいけない家庭もあるかもしれませんが、自分の仕事が休める時は、思い切り子供と夏休みを楽しんでください。普段あまり一緒にいれる時間は少なくても、子供と濃密な時間を過ごせる夏休みが少しでもあれば、子供も納得して楽しく学童に通ってくれるかもしれません。

 

 

武学塾では新年度の生徒を募集中です

お子様には成長のための時間を、
お母様にはご自分のための時間を。

家族が二度幸せになれるアフタースクール、武学塾。

平日の毎日、学校下校から夜まで学童保育でお預かりの時間中に国語・算数・体操・カラテ・英語を教える教室です。
それぞれ一流の講師がついてお子様の教育をいたします。
いままで保護者様が習い事の送迎に費やしていた時間をもっと有意義にお使いください。


今すぐ無料体験/説明会に申し込む

PAGE TOP