待機児童の解決策をいちママの視点からまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
待機児童 解決策

保育園などの不足により、待機児童問題や共働きの家庭の小学生を預かる施設なども不足しています。そんな中で保育園の問題をママ視点ので考え解決策をご紹介します。

 

1.待機児童と保育園概要

現代社会では、共働きが当たり前のようになっています。そんな中、待機児童問題が多くのママたち悩ませています。

待機児童とは、都心部を中心に子供の人数に対して、保育園が不足していることにより保育園にはいることが出来ず、入園まち状態になっている状況のことを指します。待機児童は年々増えており、深刻な問題となっています。この状況にどのように対応していけばよいのでしょうか。

まずは保育園の形態や特徴についてご説明します。

1-1.公営保育

公営保育とは、自治体が運営、設立した保育園を指します。主に10歳未満の児童を放課後から18時前後(自治体や施設によって様々)まで預かってもらうことができます。休みの日などは、朝7時から18時前後までの時間帯を預かってくれます。

保育園内では、児童が自由に遊んだり宿題をしたりできるようになっており、おやつや施設代を含めて月額7,000〜9,000円前後となります。自治体によって補助、支援を受けることができます。

地域で大人数の児童が集まるので、友達をつくりやすい環境である一方、指導員不足などにより、怪我の発生やコミュニケーションでの問題が多いと言われています。

大半の公営保育園は認可保育園として運営されているため、安心して子供を預けやすい環境となっています。認可保育園については後述で詳しく説明します。

1-2.私営保育

私営保育は、民間が運営・設立した保育園を指します。公営保育と比べて早朝や夜遅くまでの延長保育や夕食、その他サービスなどが充実しています。朝から夜まで働く親御さんにとっては預けやすい環境になります。

一般的には放課後から20時前後まで預けることができます。また、長時間の預かりや夏休みの長期休暇などの対応をしている施設もあります。月額は20,000〜80,000円前後となっています。公営保育園よりも値段が高いというデメリットはありますが、その分、質の高いサービスが受けること可能です。ただし、絶対ではありません。サービス内容の確認については事前に見学などが必要になります。

私営保育園は、公営保育園と比べて無認可保育園として運営している場合が多いです。

1-3.無認可と認可保育の存在、問題の種とは?

保育園には、無認可保育園と認可保育園があります。これらは子どもを預ける大きな基準になります。

認可保育園は、簡単に言うと国や県、市区町村の各自治体が保育として認める水準を満たした上で、届け出をして認められた保育園を指します。認可された保育園は、国や各自治体からの補助金で、利用料金が安く、設備や待遇が良い、また最低限以上の安全が保証されます。そのため、安心して子どもを預けることができます。

逆に無認可保育は、国や自治体から認められていない保育園全般を指します。認可保育園とは違い、利用料金が高い傾向があり、保育園によって設備や預けられる時間、周辺環境の良し悪しにばらつきがあります。

無認可認可の保育園に子どもを預けたい!と思う方が多いでしょう。しかし、認可保育園より無認可保育園が多くなっているのが現状です。信頼性の高い認可保育園が少ない状況で、認可保育園に入園希望が集中し、無認可保育園を避ける傾向にあることも、待機児童が増える原因のひとつとなっています。

 

2.待機児童を抱える原因は?

どうして待機児童問題は解決するどころか待機児童が増加傾向になってきている原因についてご紹介します。

2-1.一般的な原因、現状は?

待機児童が解消されない原因の一つとしてより多くの保育園の増設ができない、保育師が満足に働ける環境でないことによる人不足があります。

保育園を新設、増設する障害となる大きな要因があります。それが、地域住民から反対です。子ども達の声が騒音被害となったり、見通しが悪く、狭い道路があると子ども達が危険など様々な反対意見によって新設が難しいのが現状です。また、それだけなく新設できたとしても雇う保育師が少なく、人材不足により継続的なサービス提供が難しいということも原因になります。

保育師における社会的地位の低さや国家資格や仕事に見合わない低賃金、体力的・精神的に過酷な労働環境では仕事として続けるには将来的な不安あり仕事を辞めてしまう人もいます。その結果、保育師が不足するという現状に陥ります。

2-2.ママ視点での原因、現状は?

ママ視点で一番に挙げられることは、子供を預ける保育園が足りず、親戚や周辺に頼れる状況でないために、満足な仕事にもつけないという現状です。

昔と違い、核家族が進み、増税や様々な商品やサービスなどの値上げにより共働きが当たり前の社会となってきています。その中で働くにあたり、子どもを預けられる環境は必須です。安心できるところに子どもを預けてしっかり働きたいと考える人が増えている中、時間におわれてママ自身が安定的な仕事ができない現状にあるのです。

 

3.ママ視点からの具体的な解決策は?

ママ視点での待機児童の問題を解決するには、子供が入園できる場所の確保と収入を得るための仕事スタイルのどちらか両方を変えることが大切です。

今では、様々な保育園やサービスが登場してきており、仕事のスタイルや職場環境も少しずつ変化しています。その中で選択肢を見つけて、解決に向けて進むことが大切になります。

3-1.認可保育園だけでなく色々な保育園やサービスを選択肢とする

認可保育園は、利用料金が安く、設備が綺麗で信用できる基準となっていますが、それ以外でも信用できる民間、不認可保育園やサービスが増えています。それらを広い視点で見て、選択肢の一つとしましょう。

多くのママが信用でき、安い利用料金で預けられる認可保育園を望んでいると思います。しかし、現実問題として良い条件で認可保育園での入園は困難となっています。

その中で無認可保育園でも信頼性が高く、ママの働きに合った保育サービス、企業内の託児所などが増えています。また、1、2歳の子供のいるママ向けの出張型のベビーシッターや子守サービスなども増えています。そういったサービスなども選択肢の一つとして、広く見ることが大切です。

3-2.在宅ワークなど仕事スタイルを変える

ママの抱える大きな問題として、子供を預けることができず、正社員やパートアルバイトなどの満足のいく仕事、収入を得ることができないことが挙げられます。これを解決するために仕事スタイルを変えることがあります。

最近では、スーパーのレジや品出し、日雇いアルバイトなど外出しないとできない仕事以外に在宅でパソコンやスマートフォンで事務、その他の仕事などといった選択肢が増えています。パートアルバイトと同程度の収入を得る方法として、在宅ワークに切り替えることで自宅で子供を見ながら、仕事をするということも選択肢の一つとしましょう。

その他に企業によっては、出社しなくても自宅で作業ができるリモートワークという仕事のやり方を導入し始めているため、選択肢の幅が広がっています。

今のライフスタイルでできる仕事の形をママ自身で探して、行動することが大切です。

 

4.まとめ

待機児童によってママの抱える不安や問題は、仕事や家庭、周辺環境によって解決策がそれぞれ違います。しかし、ママが働けて、安心して子供を預けられる選択肢が増えているので、広い視点で色々な情報からママ自身に合った選択をして、行動することが大切です。

現状を変えるために手元にあるスマートフォンやパソコン、各役所や自治体などで情報収集をして、少しずつ解決に向けて、進みましょう。

武学塾では新年度の生徒を募集中です

お子様には成長のための時間を、
お母様にはご自分のための時間を。

家族が二度幸せになれるアフタースクール、武学塾。

平日の毎日、学校下校から夜まで学童保育でお預かりの時間中に国語・算数・体操・カラテ・英語を教える教室です。
それぞれ一流の講師がついてお子様の教育をいたします。
いままで保護者様が習い事の送迎に費やしていた時間をもっと有意義にお使いください。


今すぐ無料体験/説明会に申し込む

コメントを残す

*

PAGE TOP