勉強をしない子供…学習に興味をもたせる方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「うちの子供は勉強をしない」、そういった愚痴を多くの親から見聞きします。しかし勉強をしないというのは、具体的に家にいる時間全く勉強時間がないということでしょうか。もし勉強時間がゼロでも、持って帰ってくるテストがいつも満点だったら勉強する必要はないかもしれません。

私たち親は、何を持って子供が勉強しないと嘆いているのでしょうか。子供の学習力に寄り添うには「普段の様子に寄り添う」とことが必要です。テストの答案用紙だけを見て、結果が悪いから勉強しない子供だと安易に判断してはいけません。子供が勉強をする習慣を身につけるには、日頃からの小さな親のサポートが必要です。

1.なぜ子供は勉強をしないのか

「うちの子は勉強をしない」、これはもう昔から言われてきた親の叫びです。子供が勉強をしないのは、今に限った話ではありません。そう考えると改善策をズバリ見つけるのは難しいかもしれません。しかし勉強をしないのは、その子1人1人に理由があるかです。まずはなぜ子供が勉強をしないのか、その原因について探ってみましょう。

1-1.「勉強しろ」と毎日言われ逆効果

あなたは普段、子供に「勉強しなさい」「宿題はやったの!?」と叱ってばかりいませんか?

人間と言うのは毎日同じことを言われるのを嫌がります。大人も仕事で上司から「仕事終わった?」と毎日のように言われると、やる気より嫌悪感が出ますよね。

勉強や宿題を積極的にやらない子は、すでにそれらが「イヤなもの」としてインプットされている可能性があります。イヤなものだから後回しにし、叱られるまで自分から動こうとしないのです。毎日子供に勉強しなさいと言っているなら、親は一度それを辞めてみるのがおすすめです。そこでたとえ本当に勉強や宿題をやらなくないとしても、授業についていけなかったり、宿題を忘れたことで恥をかいたり、子供なりに嫌な経験をするでしょう。勉強から離れることでデメリットが分かり、そこからやる気を出す子もいます。

1-2.目的が分からない

そもそも「なぜ勉強をしなくてはならないのか」という漠然な疑問を抱えている子供は少なくありません。大人も普段勉強しろと言いつつ、なぜ勉強が必要なのか具体的に話せる人は少ないかもしれません。

高度経済成長期は「勉強して、良い大学に入り、良い就職先を見つける」という目的がありました。今もその風潮は残っていますが、学歴がなくても豊かな暮らしは工夫次第でできるようになっています。

まずは勉強はなぜ必要なのかお子さんと話し合ってみましょう。お子さんは将来何になりたいのか、そのために勉強は必要だと説明したり、社会人になるには色々な知識を身につけた方が有利だと話したりしても良いでしょう。勉強しなくてはならない理由を、子供自身が見つけることが学習意欲につながります。

1-3.親が勉強していない

職場で仕事を全くやらない上司から「もっと仕事をしろ」と言われたらどう思いますか?多くの人が「そういうあんたはどうなんだ!」と怒ってしまい、仕事をやる気がなくなるでしょう。

勉強の場合もそうです。親は勉強していないのに「勉強しろ!」と言われると、なんで自分ばっかり…と子供は思います。しかし実際のところ、仕事や家事で忙しい親が勉強をするのはかなり難しいとも言えるでしょう。

そこでおすすめは、子供の宿題や勉強に5分でも寄り添うことです。計算を1問一緒に解いてみたり、漢字を書いたりしましょう。そこで親が「難しいね」「よくこんな問題が解けるね」といった言葉を掛けてあげると、子供は自信になり勉強に対するやる気も出ます。親も少しの時間で良いので、一緒に勉強をすることを心掛けてあげましょう。

2.勉強をしない子供に親ができること

結局子供が勉強をしない一番の要因は、「親が勉強しろと一方的に言っている状況」が一番悪いと言えます。そのため

  • 勉強しなさい!としつこく言うのは逆効果
  • なぜ勉強しなくてはならないのか、目的を話し合う
  • 親も5分で良いから一緒に勉強する

まずはこの3つを心がけることが大切です。しかしこれ以外にも、子供の勉強意欲を上げる方法としていくつかのポイントがあります。

2-1.テスト結果だけでなく、普段のノートを見る

お子さんの普段の学習ノートに、目を通していますか?

例えば国語のテストで100点が取れていても、授業のノートは字が汚く書き込んでいる様子が全くないのは問題でしょう。逆にテストの点が悪くても、ノートはしっかりとキレイな字で毎日書いているならば、毎日の授業はしっかりと集中していることが分かります。

子供が勉強をしない、学習意欲がないと感じた時こそ、普段のノートを見ましょう。そこで何が苦手なのか、何を理解していないのか親として気づくことにもなります。子供の苦手が分かれば、家庭学習でサポートしてあげることもできるでしょう。

2-2.本を読む姿を子供に見せる

親が子供と一緒になって5分でも勉強に付き合う、これと並行して行って欲しいのが「本を読む」ということです。

子供の前で普段スマホを見ることばかりしていませんか?そうすると子供も必然的に「スマホは楽しいものだ」と思い、勉強よりもスマホを見るようになります。逆に大人が子供の前で本を読み「楽しかった!」という感想を言えば、本は魅力的なものというのが分かります。

本は語彙力や読解力を高め、勉強には欠かせないものです。子供が小学生のうちは読み聞かせをしてあげても良いでしょう。一緒に本を読む機会を増やすのがとても大切です。

2-3.ときには「ご褒美」をあげるのも良し

テストで100点を取ったら欲しいものをあげる。こうしたご褒美方法は根本的な学習意欲を上げるものではないので、多くの専門家などから批判的意見が出ています。

しかし勉強をしない子供の中には、宿題をせず怒られても、テストでひどい点を取っても、「どうでもいいや」と考えてしまう子もいます。勉強ができないのが当たり前になってしまい、少々なげやりな考えになっているのです。そうした子に対しては、小テストで80点だったらアイスを買う、といったご褒美をあげても良いでしょう。アイスにつられて勉強をするわけですが、良い点数が取れたら「結果が出た」という満足感を得ることもできます。

こうしたご褒美方法は毎回行うのはよくありませんが、子供の学習意欲が低下したときにやる気を思い出させる方法としてやってみるのはアリです。そのうちご褒美が目的ではなく、努力した分学習結果につながるという勉強意欲につながるケースもあります。

3.なぜ子供が勉強をしないのか、親子で話し合おう

あなたのお子さんはなぜ勉強をしないのか、改まって考えたことはありますか。

子供が勉強をしない理由はその子1人1人によって多少の違いがあります。ただ勉強が嫌いだからやらないのではなく、やり方が良く分からない、勉強よりも夢中なことがあるといった理由があるからです。なかなか勉強をしてくれない子供に対しては、なぜやらないのか、勉強をしなくてはいけない理由は何か親子で考える必要があります。

3-1.勉強、その目的は?

先ほども述べましたら、勉強をするには「目標」を立てる必要があります。すぐに思いつくのは受験と言った目先の学校に入学する方法もあります。

しかしその学校に入学して何をするのかは子供次第です。親が子供をハイレベルな学校に入れて、ただ安心感を得たいのならば、子供自身が入学後に目的を持てず通学するのが苦痛になってしまうこともあるでしょう。

勉強は生きていく上での知識を身につけたり、社会で生きていく上で必要不可欠な常識を身につけたりするものです。勉強することは自分のなりたい職業に近づけることでもあり、とても大切なことだということを改めて子供に教えてあげましょう。

3-2.勉強とは違う経験で、学習に目覚めることもある

例えば有名な識者の話を聞くと、小さなころから毎日勉強をしてきたというより、「あるきっかけがもとで急に勉強するようになった」という人が多いようです。

例えば小学校でプラネタリウムに行き、宇宙飛行士になりたいと思ったのがきっかけで夢中で中学受験をした。高校生の時に出会った物理の先生に感銘を受け、高校から猛勉強をして大学に入り、有名な学者になったという人もいます。

結局毎日同じ机で勉強をさせても、急に将来の目標が出るといったことは考えにくいのです。子供には将来の夢を持ってもらうためにも、さまざまな経験をさせてあげましょう。何も海外旅行といった壮大なものでなくても構いません。たまには行ったことのない場所に出かけてみる、滅多に会えない親戚に会いに行くなど、勉強ではできない経験をさせましょう。そのようなふとした瞬間に、将来の夢を持てるきっかけにつながることもあります。将来の夢を持てば、それに向かって学習意欲を高めることもできるでしょう。

まとめ

子供が勉強をしないという悩みは、昔からよく言われてきました。今そう嘆いている親御さんも、「自分が子供の頃は毎日勉強をしていた!」と自信を持って言える人は少ないでしょう。

結局大人が子供に対して勉強をしなさいと叱ってしまうのは、自分が勉強をせずに後悔しているからかもしれません。もっとあのとき勉強しておけば…そうした失敗を子供にはさせないよう、つい声をあらげてしまうのでしょう。

しかし勉強には目的がないとまずやる気は起きません。親はただ勉強しろと声をあげるのではなく、子供と一緒に勉強する時間を持ち、なぜ勉強が必要なのか一緒に考えることが大切です。そして自分のできなかったことを子供に押し付けるのではなく、その子が将来やりたい夢に近づけるよう、日々サポートしてあげることが大切です。

武学塾では新年度の生徒を募集中です

お子様には成長のための時間を、
お母様にはご自分のための時間を。

家族が二度幸せになれるアフタースクール、武学塾。

平日の毎日、学校下校から夜まで学童保育でお預かりの時間中に国語・算数・体操・カラテ・英語を教える教室です。
それぞれ一流の講師がついてお子様の教育をいたします。
いままで保護者様が習い事の送迎に費やしていた時間をもっと有意義にお使いください。


今すぐ無料体験/説明会に申し込む

PAGE TOP