郊外と東京23区との待機児童推移の違い 子育てしやすいのはどっちだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

働きやすいのは都心、しかし待機児童の問題が大きい!?

都心部への人口集中が加速している現在、政府は「地方 創生」を必死に訴えますが、なかなか解決しないのが現状です。

長い経済の低迷期を迎えている日本ではどうしても都心に仕事が集まり、必然的に職を求めて人口が過密してしまうのです。しかしその一方、都市部の待機児童は増え続け、子育てをするには都心は限界なのではという声も聞かれるようになりました。

160316taikituiki2

(厚生労働省調べ)

東京都の待機児童、23区は相変わらず推移が高い

こちらは全国における待機児童の割合を示したものです。

gn-20150930-02

(東京都福祉保健局調べ)

ダントツに待機児童が多い東京ですが、その内訳をみてみると、やはり23区に集中して待機児童が多いことが分かります。中でも世田谷区、大田区、江戸川区の待機児童の数は深刻です。

108516

(厚生労働省調べ)

なぜ区内に待機児童が多いのか、その事情は様々です。しかし通勤に便利な立地に住みたいと願う人が23区内に集まり人口が過密し、出産してからも働きたい人が増え、待機児童が増えます。ただでさえ土地が狭い23区に保育施設を建てる余裕はなく、子供たちの居場所が増えないのが現状です。

実はシングルマザーも多い23区

人口密集地である東京23区は、実はシングルマザーが多い地区でもあります。人口の比率から見て多いのは当然なのですが、家賃や生活費がかかる23区にあえて住んでいるシングルマザーも多いのです。

シングルマザーが多い地区は「新宿区」「港区」「荒川区」などが比較的多いようです。理由は女性一人でも稼げる仕事が多いから、といったこともありますが、23区の自治体がシングルマザーへ手厚い支援をしていることも挙げられます。

20130904-singlemother-02

オウチーノ シングルマザーにやさしい自治体ランキング【東京編】 参照

ここの表では多摩地域のほかに渋谷区や江戸川区がシングルマザーに対しやさしい自治体として挙げられました。

例えば渋谷区は、年齢や所得により差が出る保育料を最も低額に抑えられる工夫がされています。また江戸川区は0歳児を養育している家庭に「乳児養育手当」を行っており、条件を満たせばひと月に1万3,000円を受け取れます。

保育施設に入居できない待機児童が多い23区ですが、シングルマザーに対する手当が手厚い自治体も多く、あえて子育てをしにくいイメージがある23区に住んでいるシングルマザーも多いのです。

大都市で行われている子育て支援

依然として高い待機児童の推移を誇っている東京都23区ですが、そうした待機児童や子育て支援に力を入れている自治体が多いのも特徴です。

例えば保育園や幼稚園では入園時に高い入園料を払わなくてはなりませんが、所得制限関係なく入園料補助金を10万円以上支援している区もあり、大田区、品川区、世田谷区などがそうです。

しかしそうした入園補助金は少ないものの、例えば港区では出産費用の助成額が60万円まであり、新宿区では子育て中家庭の賃貸住宅費を月額上限3万円、最長5年間支給してくれる制度があります。

どのような制度が自分に合っているのか、よく見極めて調べる必要があります。自分に合った子育て支援のある23区を調べるにはこちらをどうぞ。

23区で子育てを行うメリットとは

・通勤や通学に便利、様々な業種を選ぶことができる

・意外と子育て支援に手厚い区が多い

・24時間で対応している病院も多く、スーパーなども多いため生活は便利

待機児童の問題が解決するにはまだまだ時間がかかりそうな23区ですが、子育て支援に力を入れている自治体が多く、働きやすい環境が整っているのも事実です。

通勤から遠い郊外、しかし子育て環境は整っている?

一方都心から若干離れた東京都多摩地区や、関東の近郊都市。働く環境が都心に比べると整っていない場所も多いのですが、待機児童の推移は若干減っており、子育てをするならば大都市より郊外と考える方も多いようです。

・日本の待機児童の推移

hyou1

全国における保育施設は計画以上に増えているのですが、待機児童は解消していないのが現状です。関東地域においてはもっと待機児童の比率は高いようです。

しかしその一方、多くの未就学児を抱える親が希望する公立保育園、その件数が多いのは関東地区では大都市ではなく多摩地域や関東近郊に多いことが分かりました。待機児童が少ないのも、大都市より関東近郊に集中しているのが分かります。

pct_06

pct_07

住友不動産販売|子育てしやすい街はここだ!(http://www.stepon-contents.jp/contents/special/archives/024306.html

このランキングだけを単純に見ると、東京23区に比べて関東近郊の郊外の方が待機児童が少なく、子育てしやすい印象があります。

・保育施設が作れないのは郊外も一緒!?

しかし住みやすい街=保育園も多く待機児童が少ない、といったことではないようです。

たとえば治安も良く自然豊かであり商業施設も多い東京都府中市。この街は出産子育てしやすい関東近郊の街ランキングで2位に入ったこともある人気の街です(週刊東洋経済2013年8月03日号住んで損する街 得する街より

しかし府中市の待機児童数は全国的に見てもトップクラス、推移は目に見えて増え続けています。

PK2016012902100077_size0

東京新聞|tokyo web より(http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201601/CK2016012902000163.html

適度に大都市から近く通勤には便利、商業・公共施設も充実し、中学生までの医療費が無料など「子育てしやすく住みやすい」といわれ街は、実は待機児童数も多いのが実態です。お隣の調布市も2015年に民間の保育施設建設計画が4つありましたが、そのうちの2つが住民の反対に会い断念しています。

関東近郊で子育てをするメリット

大都市ではない近郊の場所で待機児童が少なく、保育施設が充実している所を選びたい。そうなると都市からは若干離れており、商業施設の充実や通勤の不便さは否めないかもしれません。子育てを重点に置いて住む場所を選ぶか、通勤を優先して待機児童の多い場所を選ぶか、それは23区だけの問題ではないことが分かります

それでも関東近郊で子育てを行うメリットは

・保育施設が広々としていて、場所によっては待機児童数が少ない

・土地や建物の値段がそもそも安いので、住宅購入には適しており教育費に回せる

・自然の多いところでのびのび、おおらかに子育てができる

このようなことが言えます。

待機児童の推移は減っても、子育てにおけるサービス内容はそれぞれ

都心でも郊外でも、各自治体は待機児童の推移を減らせるように努力しています。しかしたとえ推移が減ったとしても、この街は子育てしにくいと考えられることもあるようです。

子育てしやすい街と、しにくい街、理由はこんなことから

ただ単に待機児童数が少ないから、子育てしやすい街ということではありません。

例えば子育て世帯向けでは、子どもの「医療費助成」も市町村間で差が出ています。待機児童の多い東京都ですが、実は全市区が「中学校卒業まで」医療費の助成を受けられるのです。

しかし待機児童の少ない神奈川県や千葉県では、医療費助成を受けられるのは「小学校低学年まで」という市が多く、病気がちなお子さんを持つ家庭ではそのような場所に住むことで、医療費がかさんでしまういった意見もあります。

待機児童数の推移も気になるところですが、子育てをするにあたりその自治体の補助金はどのくらいでるのか、医療費はどうなのか、それぞれのエリアに関してきちんと調べることが大切です。

こちらは全国の医療費や子育て手当などを簡単にチェックできるサイトです。

http://www.fudousan.or.jp/jyukankyo/child/iryohi.html

民間サービスや教育サービスが充実した地域も調べてみよう

最後に、住民の方々が協力して子育てを支援しようと頑張っている自治区もたくさんあります。

例えば母子家庭で母親の帰りが遅く、夜の食卓を一人で過ごす子供たち。小さなころは保育園で過ごせても、小学校高学年にもなれば学童にも通わず、夜中まで一人で過ごす子供も少なくありません。

そうした子供たちをサポートするのが子供食堂です。東京都大田区の八百屋さんが貧困家庭をサポートしようと思い立ったのがきっかけで、子供食堂は全国に広がっていきました。

また子供に教育費をつぎ込み、大学に進学させることができるのは裕福な家庭といった現状も続いています。

210509daigaku01-400x250

引用元:http://atstory.net/?p=5885

そんな状態ではひとり親世帯の子供や収入の低い世帯の子供は大学に進学できず、結果的に「負のスパイラル」が続いてしまうようになります。

そのため多くの各自治体では無料で子供に勉強を教える学習支援を始めているところもあります。「自治体名と学習支援」で検索してみると、様々な民間のサポート塾や学習支援の内容が見えてきます。

またたとえば東京都では、所得により受験生が利用する塾代や受験費用を無利子で貸与てくれる『受験生チャレンジ支援貸付事業等の貸付事業』などもあります。詳しくはこちら

子育てでお金がかかるのはとにかく教育費です。各自治体によって様々な支援も行われているので、医療費や補助金以外にもチェックしておきたいところです。

まとめ

待機児童の推移が減っている自治体こそ、子育て支援に力を入れているところと言ってよいのかもしれません。

しかしそうした街が必ずしも住みやすく子育てしやすい地区とは言い難く、待機児童の推移が高い地区ほど人口が密集し、人気の高い地区とも言えるのです。

自分にとって子育てのしやすい場所とは、子供のことだけを考えるのではなく、自分の通勤時間や勤務先との兼ね合いも考え、なおかつ生活しやすい場所か調べる必要があります。

大都市であろうと郊外であろうと、すべての条件を飲む街というのはなかなかありません。自分の子育てに適した理想の街を見つけるには、子供の年齢や自分たちの収入を考えつつ、自治体の補助金やサービス、医療費や住みやすさなどを細かに調べることが大切です。

武学塾では新年度の生徒を募集中です

お子様には成長のための時間を、
お母様にはご自分のための時間を。

家族が二度幸せになれるアフタースクール、武学塾。

平日の毎日、学校下校から夜まで学童保育でお預かりの時間中に国語・算数・体操・カラテ・英語を教える教室です。
それぞれ一流の講師がついてお子様の教育をいたします。
いままで保護者様が習い事の送迎に費やしていた時間をもっと有意義にお使いください。


今すぐ無料体験/説明会に申し込む

PAGE TOP